外壁塗装のタイミング

外壁塗装を行う場合、どのような時期にするのがベストでしょうか?

国内で塗料を販売している各社メーカーの塗料に関してチェックしてみましたが、その多くの塗料が10年から15年程度で塗り替えをするのがベストという事になっています。
実際には、塗装の仕方、材料の希釈をメーカーの基準の数量で希釈した場合ですので、まぁ、10年程度期間が経ってくると、外壁塗装の事を考えるというのが良いかもしれませんね。。

今では、シリコン樹脂が一般的ですが、フッ素樹脂などを使った場合でも極端にその期間が延びるという事ではないので、より多くの方々が使っているシリコン樹脂を使うのが価格の面でもお勧めのようです。
当然、ウレタン樹脂やアクリル樹脂といった今までよく使われていた材料であっても、しっかりと塗装を行う事で、10年以上も綺麗な状態を保つ事が出来るので、この辺りは、実際に塗装される時に考えるのが良いのかもしれませんね。。

後、外壁塗装を考えた場合、季節も問題になってくると思います。

今の塗料は技術も進んでいて、乾燥期間も短くなってきていますが、冬場で5度を下回る地域の場合は、冬場の塗装はやめた方が良いかも知れません。 多くの塗料メーカーの塗装可能温度を確認してみると5度以下の場合は、塗装をやめる事になっていますので、この辺りは確認する必要があると思います。

あと、梅雨時期に関しても、塗装を行う会社はキッチリと乾燥する期間を考えて塗装されているので、梅雨時期に外壁塗装を行うのが間違いとはいいがたいと思います。
ただ、あまりにも雨が続いてしまうと、作業期間が長くかかるという事もあるので、敬遠される方も多いようです。
夏に関しては、乾燥も早く作業性は良いかもしれませんが、逆に温度が高すぎて、乾燥が早い為、塗料によっては仕上がりが悪くなる事も考えられます。 
しかし、これも実際に作業される方の技術面の問題もあるので、なんとも言えないかもしれませんね。。

まとめると、外壁塗装を行うのに適しているのは、やはり春から秋という事になってしまいます。
ただ、そのシーズンは業者の方も忙しくでなかなか自分の考えるタイミングで外壁塗装をするのが難しいという事もあるので、しっかりと業者の方と打ち合わせするのが一番重要かも知れませんね。

神戸市西区 外壁塗装