DIY 塗装の話

DIYが人気になっていますよね。。
自分で、物を作るというのは、楽しいですし、自分でするので、その後の愛着もわくと思います。
ここでは、DIYでの塗装に関して少し書いてみます。。

DIYの中でも、木材と使ったりするのは、少し難しいかも?と思われている方は、塗装から初めてみるのも良いかもしれません。
今では、ホームセンターで簡単に塗装を行う道具やペンキ類も購入する事が出来るので、とりあえず。。と考えると一番 始めやすいかもしれませんね。。

塗装を行う場合、必要な物として養生関係の品物があります。
例えば、家にある木工製品を塗装するとなっても、ペンキを使うので、塗装をする物以外が汚れてしまうと大変です。 その為、ペンキを付けたくない物をカバーする事が必要です。

プロの塗装屋であっても、この養生は一番最初に行うし、この部分が綺麗にできていない場合は、後々 大変な事になるので、重要だと思います。

後、塗装の材料としてペンキがありますが、ペンキと一言で言っても種類が豊富ですので、初めてDIYをするという方の場合、迷ってしまうかもしれません。

今井塗装
鉄製の物を塗る場合、ホームセンターでは水性の塗料でも塗装可能という事で販売されていますが、これはプロから考えると少し微妙でs。
当然、水性塗料であっても、乾いてしまうと雨などがかかっても溶けるという事はありません。
しかし、水性塗料の多くは、被膜が分厚くなっていて、鉄部との密着がそこまで良くないせいか、鉄部と塗料の間に隙間が出来てしまう場合が多いです。
その隙間部分に水が浸入して、塗装をしたのに、その前よりも錆てしまうという事もあります。
刷毛などを洗う事を考えると簡単な水性塗料を使われる場合もありますが、塗装する材質によって、少し考えた方が良いかもしれませんね。。

塗料の話でいうと、刷毛などでの塗装は難しいという事で、スプレータイプの物を使われる方も多いかもしれません。
スプレーでの塗装の場合、重要なのは、一度で綺麗に塗ろうと考えないという事です。
実は刷毛やローラーでの塗装の場合でも、この一度で塗装というのは問題ありです。
薄くでも良いので、何度も塗り重ねる方が綺麗になります。
プロが外壁などを塗装する場合でも、最低3回くらいは塗装します。 下塗りも含みますが、同じ色を2回は塗り重ねるのが普通です。

簡単にできるDIYの塗装ですので、一度 試してみるのも良いかもしれませんね。。

神戸 塗装